我が家の場合ですが。

ある本に影響されて干し野菜生活を始めたら、
親子の根深い悩みが解決されました。

ちょっと大げさですが、すべてが上手く行き始めたような…。

親子の悩みというのが、
人が生きていくのに欠かせない食生活についてでした。

 

【親の問題】

料理のセンスの欠片もない。
故に料理が億劫に。
仕事の日は疲れて料理をする気にならない。
休みの日はわざわざ買い物をして料理をする気にならない。
いつも料理をする気にならない(笑)。

 

【子の問題】

偏食あり。
野菜が嫌い。
お菓子ならいくらでも食べる。
親が楽しそうに料理をしてない…というのも原因でしょうね。

 

【そして】

そんな悲しい食生活を送っていた我が家が、
私が干し野菜を始めてから一変したのです。

料理というのは、
上手か下手かは問題ではないのかもしれません。
自分が「美味しい!」と思えるものなら、
作ることがハッピーなんですね。

味の凝縮された干し野菜を使うと、
ただのお味噌汁や炒め物がめちゃくちゃ美味しく、
食事を作るのが苦ではなくなりました。

子供はというと、
干し野菜の味が美味しいのか、
親が嬉しそうに作っているからなのか、
野菜をモリモリ食べるようになったのです。

 

野菜の保存に良いかと思って始めた干し野菜。
こんな結果になるとは…。

家族との食事が楽しい日々は素晴らしいです。

 

 

【今日の干し野菜】
使っているネットのサイズが小さいかも。
たまに置ききれません。
今日はキャベツが飛ばされないか心配でした(^^)
(大丈夫でした◎)

人気ブログに飛びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ