絶賛ハマり中の本です。

もうレシピ本はいらない」著・稲垣えみ子

50歳で朝日新聞社を退職した作者の節電ライフです。
節電と言ってもレベルがすごいです。
家電はほぼ無し。なんと月の電気代約150円!
会社だけでなく、冷蔵庫も電子レンジも止めてしまった究極のミニマムライフです。

 

そんな作者の食生活がとっても魅力的です。

冷蔵庫がないので、野菜の保存は干し野菜ぬか漬け
ご飯はお鍋で炊いて、おひつで保存。

毎食の飯・汁・おかずのシンプルな献立が美味しそうでたまりません。

何より、作者は面倒くさいことを全然抜きに、このシンプル生活を満喫しているんですよね。

 

私もやってみたいな~~。
冷蔵庫、取っ払ったら広々しそうだなぁ。
なんて妄想したり。

 

・・とは言え。
我が家には育ち盛りの娘がいます。
成長期に必要な動物性たんぱく質の保存が壁かな。
専門的な栄養素のことは分かりませんが、
肉や牛乳がゼロになるのは、私も含めて満足感が足りなそうです。
その都度買えばいいんだけど、難しいかなぁ。

 

こんな感じで、冷蔵庫を無くす予定はまだありませんが、
この本からかなり影響を受けています。
土鍋ご飯干し野菜を始めましたが、最高です。
エコというよりは美味しいからやっています

 

最後に。
作者は朝日新聞社記者時代に原発についての記事を書いています。
そのこともあり、東日本大震災の原発事故から節電に対して強い思いをお持ちです。
奇しくも今日は3.11。
このタイミングでこの日記を書いたことをきっかけにして、
私も原発について、自分に何が出来るか、
考えていきたいと思います。

by カエレバ

 

人気ブログに飛びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ