友達が少ないので「数少ない連絡を取っている人たちは大事にしたほうが良い」と思っていました。

子供の時から強引なところが苦手だった、付き合いの長い彼女・・。
大人になってからは距離を保ってなんとか付き合っていました。
こちらからは連絡を取ることをせず、向こうからの連絡になんとなく返信するような関係が数年。
そんな彼女から、とても深刻な悩みのメッセージが来ました。
言葉数は少ないが、かなり重い内容。
ここはさすがに私を頼っている?
ここで親身にならなきゃ人でなし?
久しぶりに会いに行き話を聞いてきました。
「うん、大変だよね」
「その気持ち分かるよ」
「頑張ってほしいなー」と、もちろん思いました。
思ったんだけど・・・。

振り返ってみると、「そこは触れないでほしい」と言ったはずのプライバシーにガツガツ入ってきたな・・。
帰りの時間伝えておいたのに向こうの都合で遅くなったな・・。
そのせいで一つ用事キャンセルせざるを得なかったな・・。

やっぱり苦手な人は苦手だな。
私が相談にのらなきゃ彼女が救われないって思ったのは、私の傲慢だったかも。
苦手な人の良い面を見れるような器になるのがベストかもしれないけど、今の私には無理。
「苦手な人とも上手くやらなきゃいけない」という気持ちを断捨離します。

人気ブログに飛びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ